Production AutoFinisher

生産物の投入、品目のパレタイズ中のラベル印刷、内容重量の記録を自動化

AutoFinisherは、DeacomのERPシステムの生産機能であり、特にシリアル化された製品または不定貫製品の製造業者向けに構築されています。


レポート作成
リアルタイムでレポートを作成できるよう、AutoFinisherからDEACOM ERPに生産データを同期します。


パレタイズ
すべての完成品をパレタイズしてライセンスプレートラベルを生成します。


移動
ジョブをスケールからラベルに1秒未満で移動します。

ソーセージ生産

不定貫品目を製造する食品メーカーの場合、AutoFinisherは、その品目がDEACOM ERP内で維持されている重量仕様に準拠していることを自動的に確認します。

次に、DEACOM 倉庫管理システム内で後で使用する内容重量、シリアル番号、およびバーコードを含んだ適切な製品ラベルを生成します。


内容重量
ベンダー構成のないスケールまたは機械から内容重量値を直接受け取ります。


マルチレベルのシリアル化
製造された各ユニット、ケース、パレットのシリアル番号を自動的に生成します。
詳細情報


バーコードラベル付け
関連する部品情報、内容重量、シリアル番号を含んだGS1-128バーコード付きのラベルをわずか0.2秒で印刷します。
詳細情報


パレットのトレーサビリティ
一意のライセンスプレートIDとバーコードを含んだパレットラベルによって、Deacom WMSを使用したパレットの移動と販売を円滑化します。

生産ラインを1分あたり100ユニットをはるかに超える速度で稼働している製薬メーカーや栄養補助食品メーカーにとって、この速度を維持しながら、米国医薬品流通網の保全に関する法律(DSCSA)などの新しい規制法で定められた製品のシリアル化要件を満たすことは大きな懸念事項です。

DEACOM AutoFinisherは、生産速度に影響を与えることなく、ユニット、ケース、およびパレットレベルでシリアル番号情報を生成し、関連するラベルを印刷できます。

製薬ボトル充填ステーション

DEACOM ERP でこれらすべてを達成し、それ以上を実現します

スケール統合

ベンダー構成のないスケールまたは機械から内容重量値を直接受け取ります。

重量しきい値

DEACOM ERP内で最小重量しきい値と最大重量しきい値を直接管理して、完成品のデータ精度を確保します。

エラーの報告

エラーが派生したために完了できなかった未完成品を再度キューに入れるか、すべてまとめてキャンセルします。

ワークセンターの監視

ワークセンターとオペレータのパフォーマンスをコアERPソフトウェア内で直接監視します。

スケールテスト

組み込みのループバック機能を使用して、スケールなしで、生産を中断することなくスケールリーダーのテストを実行します。

オフライン対応

ネットワーク接続が利用不可の場合は、ジョブ終了を処理して、ラベルをオフラインで生成します。

DeacomのERPソフトウェアの詳細を見る

製法

製法

すべての変更が在庫、生産、および計画ツールに自動的に反映されることを把握し、必要に応じて製法を調整してスケーリングします。

ロット追跡とトレーサビリティ

ロット追跡とトレーサビリティ

すべてのシステムを一緒に使用することで、WMS、品質管理、および文書生成の機能を使用して厳格なロット管理が可能になります。

生産

生産

単一のERPシステム内で、生産ジョブの作成、スケジューリング、ステージング、および分析のプロセスを簡素化します。

倉庫管理

倉庫管理

DeacomのWMS システムを使用して、製造および流通業務について、卓越した水準の機能精度に到達します。