製造業に最適なERP

グローバル規模の製造業者や販売業者がビジネス管理ツールとしてDEACOM ERPを選んでいるのはなぜですか?

なぜDEACOMは製造業に最適なERPなのですか?

DeacomのERPソフトウェアは、製造企業が事業を運営するうえで必要とする最大の機能基盤を、単一の集中型プラットフォーム内から提供します。これは、Deacomが他のどのERPプロバイダーよりも多くの機能をお客様に提供し、グローバル規模の製造業者や販売業者に固有のニーズを満たすことに重点を置いていることを意味します。最適なERP製造ソフトウェアを選択するにあたっては、基本的な会計、購買、在庫管理だけでなく、サプライチェーン計画や製造業務、倉庫管理、ドキュメント生成など、ビジネスの他の重要領域にも対応できるものを選ぶ必要があります。

DEACOMが他のERPシステムと異なる点は何ですか?

一般的なERP構造は、売掛金(AR)、買掛金(AP)、購買、総勘定元帳、および棚卸資産を取り扱うのことのできる基本パッケージで構成されています。この種のシステムは、さまざまな種類の組織に販売できる汎用モデルとして設計されています。このタイプのERPの開発元は、より専門性の高い業種別機能をサードパーティが「ボルトオン」することを可能にします(このような業種別機能を開発元が自ら構築し、追加モジュールとして販売する場合もあります)。プロセス製造元の場合、この追加機能には、製法、品質管理、倉庫管理システム(WMS)などが含まれます。


Deacomが異なるのは、1つのシステムでこれらすべての機能を提供できることです。Deacomは、製造業者と販売業者にサービスを提供することに重点を置いているため、従来のERP導入を悩ますボルトオンや扱いにくい回避策を必要とせずに、これらすべての要件をコアプラットフォームに組み込むことができます。

DeacomのERPシステムには何が含まれていますか?

製造業者の事業運営に不可欠な20以上の機能領域が含まれています。これらの機能は、Deacomの社内開発者によって構築されており、ERPプラットフォームに固有のものです。これには、日々の業務活動を管理し、パフォーマンスに関するレポートを作成し、多数のビジネスプロセスを関連付けるためにお客様が使用できる機能が含まれます。以下に機能の一部を示します。


  • 会計
  • バッチ生産
  • ビジネスインテリジェンス
  • 不定貫
  • CRM
  • 店舗直送
  • 文書
  • Eコマース
  • EDI
  • 製法
  • 総勘定元帳
  • 在庫管理
  • モバイルアクセス
  • MRO
  • MRP
  • POS
  • 製品/販売構成
  • 購買
  • 品質管理
  • 研究開発
  • 規制報告
  • 販売
  • シリアル化
  • 倉庫管理

これらの機能をすべて1つのシステムに組み込むと、製造業者と販売業者にどのようなメリットがありますか?

DEACOMのような一元型ERPシステムの主なメリットは、ビジネス全体にわたって工程管理ができることです。そのためには、これらのコンポーネントと他の主要ビルディングブロックが同じERPシステムの一部であることが必要です。いずれか1つでも別のシステムで行われたり、手作業で行われたり、システムの外部で行われたりすると、ステップがバイパスされた結果、工程管理が中断する可能性があります。


この例としては、製造現場の作業員が生産バッチに材料を投入する場面が挙げられます。通常、この作業にはWMSシステムを使用し、生産バッチに投入する材料をスキャンガンでスキャンします。WMSシステムはERPプラットフォーム全体の一部であるため、どのQCプロセスが実行され、どのQCプロセスが実行されていないかを把握しています。QCプロセスを経ていないアイテムを作業員がスキャンしようとすると、WMSシステムによって作業の続行は阻止されます。

工程管理に影響を与える可能性のある、DeacomのERPシステムのもう1つの機能領域は何ですか?

製造業者が製品を出荷する前に適切な文書を生成することは、特に規制産業においてビジネスを行うための重要な要素です。組織が何千もの文書に依存しており、それらの文書がいまだに手作業で作成されている場合、その組織のビジネスを拡張することはまず無理です。Deacomの文書生成ツールは、ERPソフトウェアに直接組み込まれており、システムのさまざまな領域からデータを取得します。


たとえば、貨物をトラックに積み込むには、船荷証券、分析証明書(CoA)、梱包リストなどの一連の書類が必要になる場合があります。国際貨物の場合は、見積もり送り状または危険物申告書が必要になる場合がありますが、これらはすべてERPシステムから直接取得できます。これは、すべてのプロセスを経たことを示す最終的な制御ポイントの1つです。


いったん手順が確立されると、DEACOM ERPでは、文書の生成の前に来るはずであった他のプロセスがすべて完了しない限り、文書の生成が許可されません。企業の成長や新しい従業員の採用に伴い、これらのプロセスや手順の一部がバイパスされる傾向があります(このことは、タスクが手作業で処理されている場合に特に当てはまります)。DEACOMの組み込みのステージゲートにより、企業はこれらのプロセスや手順をすべて完全に掌握できます。DEACOMには、やろうとしていることをプロセスに強制させることのできる複数の停止機能があります。そして、そのプロセスに問題があり、作業員がそれらのプロセスに違反したとしても、それを止めるための後続のステージゲートがあります。そのうち最後となるのが文書の生成です。

Deacomは製造業者のニーズに合わせてソフトウェアをカスタマイズできますか?

Deacom独自の開発モデルでは、ソフトウェアの継続的な機能向上が可能です。お客様に固有のビジネスニーズを満たせるよう、導入あたり平均23回の機能強化が実行されます。これらの充実した拡張機能は、すべてのお客様が利用できるようになります。このアプローチに加え、アップグレードが容易であることも背景に、過去3年以内にリリースされたバージョンのDEACOMを使用されているお客様の割合は90%に上っています。


お客様に固有の特殊な統合にも対応できるよう、このERPシステムでは、コードを使用した構成もサポートされています。DEACOMの内部スクリプト言語は、総勘定元帳、販売および購入注文、生産、品質管理、在庫管理など、ERPシステムの広い範囲に影響を与えるために使用できます。

DeacomのERPシステムはどのような製造業者によってすでに使用されていますか?

Deacomは、食品/飲料、化学、塗料/コーティング、医薬品、栄養補助食品業界の世界的な企業にERPを提供しており、そのような企業の数はさらに増えています。注目すべき企業として、Silver Spring Foods、California Custom Fruits & Flavors、D.G. Yuengling & Son, Inc.、Magni Industries、Synalloy、Contract Pharmacal Corp.、TerrAscendなどがあります。これらの企業がDEACOM ERPをどのように役立てているかについては、お客様の声ページでご確認いただけます。

DeacomのERPソフトウェアの詳細を見る

会計

会計

すべての売掛金勘定、買掛金勘定、労務追跡、在庫管理、およびジョブ原価計算のデータを直接、総勘定元帳に供給します。

生産オペレーション

生産オペレーション

バッチ生産、労務追跡、MROなど、すべてを一元的な場所から完全に可視化します。

サプライチェーン計画

サプライチェーン計画

在庫処理の手間を最小限に抑え、実際の需給と予測された需給に基づいて生産高を最大化します。

倉庫管理

倉庫管理

DeacomのWMS システムを使用して、製造および流通業務について、卓越した水準の機能精度に到達します。