顧客および部品収益性

純利益だけでなく、最も収益性の高い顧客と部品を把握できます。


製造
継承された人件費、材料費、および間接費を使用して最終製品を製造します。


割当
個々の経費を顧客に割り当てます。


レポート
サブ総勘定元帳に顧客別または部品別の利益を表示し、個々の総勘定元帳を作成しなくても済むようになります。

営業担当者の「利益に対する第六感」ではなく、データ駆動型アプローチによって利益マージンに基づく顧客および部品の分析とターゲティングを行います。

ソーダ缶加工

元帳勘定の最小限にする
利益レポートの販売サブ勘定元帳を活用することで複数の総勘定元帳を作成する必要がなくなります。


原価計算の詳細のドリルダウン
販売差益のレビュー時、製造レポートをドリルダウンして、製造された製品の具体的な材料費、人件費、間接費を把握できます。


コスト対策
入札で新しい供給元から原材料を購入し、価格引き上げについて営業担当者に異議を唱えることで利益をどのようにして向上させるか答えを見つけ出します。

ソーダ缶加工

契約製造業者はこれまで「直感」に頼って最良の顧客および部品の判断を行ってきました。ERP導入プロセス時に、顧客は、DEACOMの収益性レポートを使用したデータをレビューした結果、「直感」が間違っていることに気付きました。

DeacomのERPソフトウェアの詳細を見る

会計

会計

すべての売掛金勘定、買掛金勘定、労務追跡、在庫管理、およびジョブ原価計算のデータを直接、総勘定元帳に供給します。

コスト分析

コスト分析

コストの変化に対応できるスピードは、市場で生き残り、成功する能力の決め手となります。

文書生成

文書生成

1つの環境で、ビジネスに欠かせない文書の作成、管理、および生成を行います。

財務レポート

財務レポート

さまざまな財務レポートを実行してビジネスの健全性を評価し、会計セグメント表で複数のセグメントのポジションを使用してデータを分析します。