大規模生産メーカーの製法管理

Deacomのエンタープライズリソースプランニングソフトウェアを使用して研究開発および製法タスクすべてを管理する


製法改訂の管理
部品表、改訂、関連コストを追加し、オーバーエージ要素および劣化要素を設定し、バッチ歩留りを定義します。


経路の確立
プロセスステップ、経路、一部実行に必要なコストを指定します。


不良係数の利用
生産中に使用される不良率および不良コスト率を定義します。


副産物および副製品の処理
副産物の品目マスタを設定し、複製品を記述している部品表ラインを特定し、実運用投入時にこれら両方を使用します。


R&Dライフサイクルの管理
ワークフローとセキュリティを活用して、汎用目的または研究専用目的に使用する部品表の改訂を追加します。

GHS Icon

GHSラベルとSDSフォームの生成
品目の処理に必要な分類および安全対策に関するドキュメントを印刷します。


生産製法レポートの作成
オプションフィルタを使用して、部品および製法に関するさまざまなレポートを生成します。

何百ものスプレッドシートを管理する必要がないことを製品開発チームに伝え、彼らを笑顔にしましょう。

製品開発チームのメンバー

DEACOM ERP でこれらすべてを達成し、それ以上を実現します

展開レポートを表示して研究開発目的のための製法のすべてのレベルを表示します。

設備別に製法改訂を定義して、同じ品目を異なる設備、異なる方法で製造できるようにします。

製法を一度設定したら、バッチサイズやパッケージサイズに合わせて調整します。

情報を品目マスタまたは規定部品表から動的に引き出す栄養成分表示ラベルを作成します。

さまざまなレポート要件を満たすため、製品が含有するアレルゲンを特定するためのユーザーフィールドを設定します。

在庫、生産要件、計画、およびドキュメント生成に即座に影響を及ぼす製法に変更を加えます。

無限に設定可能で、ユーザー定義可能な計算およびユーザーフィールドを使用し、独自の方法でLab関数を実行します。

在庫発送前に、顧客固有のQC要件に適合するロットのみが表示された顧客固有のステータスフィルタを設定します。

購買発注で受け取った原材料についてQCテストを実行します。

DeacomのERPソフトウェアの詳細を見る

生産

生産

単一のERPシステム内で、生産ジョブの作成、スケジューリング、ステージング、および分析のプロセスを簡素化します。

品質管理試験

品質管理試験

コアERPシステムから品質管理対策を実施することで、製造工程に本当の意味での工程管理の方法を提供します。

倉庫管理

倉庫管理

DeacomのWMS システムを使用して、製造および流通業務について、卓越した水準の機能精度に到達します。

計量

計量

ERPシステムの機能を使用して、計量プロセスの効率と精度を向上させます。