DEACOM ERPソフトウェアを使用した生産の管理

生産ジョブの作成、スケジューリング、ステージング、および分析のプロセスを簡素化


生産ジョブの入力
複数の方法でジョブを作成し、ストレージとレポート作成の考慮事項を勘案し、カスタム追加とリワークマテリアル機能を利用します。


生産ジョブのスケジューリング
リソースと必要なインプットについて検討し、カレンダーとMRPを利用して、既存のスケジュールを最適化および変更します。
詳細情報


生産における代替品の活用
承認済みの類似材料を使用してジョブを完了できるようにします。


在庫手順の完了
完成品の数量、属性、QC値、および完成材料が配置される場所を入力します。

生産設備

DEACOM ERPは、1つのまとまったシステムで生産作業を管理するために必要なツールをプロセス製造業者に提供します。


生産ジョブのクローズ
余分な発行済み材料を処理し、利用可能な緩和およびバックフラッシュ手法について検討します。


生産の自動化
材料のステージングと仕上げを行うためのスケールを自動化された方法で統合し、処理時間を短縮します。


環境レポートの生成
生産中の排出物と、顧客向けに出荷された製品に含まれる危険物についてのレポートを作成します。


生産レポートの作成
オプションのフィルターを使用して、生産ジョブに関連したさまざまなレポートを生成します。

Harpoon Brewery

お客様の1人から話を聞く

この簡単なビデオでは、Harpoon Brewery社の副社長兼ゼネラルマネージャーであるスティーブ・ミラー氏が、MRPを使用してすべての醸造とパッケージングをスケジューリングすることで得られる生産効率について説明します。

Steve Miller - Harpoon Brewery

DEACOM ERP でこれらすべてを達成し、それ以上を実現します

指定された材料と人員のセットを使用して、事前に定義された時間枠内で生産される品目の数量を計画します。

生産のスケジューリングに使用できる3つのカレンダー(ジョブカレンダー、ジョブインベントリカレンダー、マスタープロダクションカレンダー(MPC))のいずれかを使用します。

ある材料がなくなった場合に、別の同様の材料を代わりに使用して、必要に応じてジョブを完了できることを指定します。

必要に応じて複数の方法で、システムの複数の異なる領域内で在庫手順を完了できます。

内容重量とシリアル番号を材料に割り当てます。これにより、適切な数量が生産されていることを確認し、より細かく材料を追跡できるようになります。

選択基準を使用して結果をフィルタリングおよびソートし、詳細な生産分析を行って、オーダーをグループ化します。

誰がジョブの材料を仕上げて、そのジョブを閉じることができるかを定義して、セキュリティを強化します。

在庫の支給時に在庫と総勘定元帳がどのような影響を受けるかを把握できます。

DeacomのERPソフトウェアの詳細を見る

製法

製法

すべての変更が在庫、生産、および計画ツールに自動的に反映されることを把握し、必要に応じて製法を調整してスケーリングします。

ロット追跡とトレーサビリティ

ロット追跡とトレーサビリティ

すべてのシステムを一緒に使用することで、WMS、品質管理、および文書生成の機能を使用して厳格なロット管理が可能になります。

資材所要量計画(MRP)

資材所要量計画(MRP)

DeacomのMRPシステムで、製造用の材料が利用可能であることや、製品を顧客にお届けできることを確認します。

倉庫管理

倉庫管理

DeacomのWMS システムを使用して、製造および流通業務について、卓越した水準の機能精度に到達します。