パーソナルケア製品・化粧品メーカー向けERPソフトウェア

DEACOMは、工程管理を可能にするために構築された包括的なエンタープライズリソースプランニングシステムです


さまざまな顧客向けのカスタム製法を作成して維持し、販売促進します。


貨物を準備し、在庫レベルを維持して、倉庫間の移動を円滑化します。


一元的な場所から供給されたデータを使用して、ラベル付け要件を的確に満たします。


費用、収益、損益、およびキャッシュフロー計算書のすべての実績値と予算を追跡します。

Deacomのエンタープライズリソースプランニングソフトウェアにより、化粧品業界のプロセス製造業者は、プライベートラベル、受託製造、独自製品の生産などの業務を1つの集中プラットフォームから実行できます。

適切な在庫管理

化粧品メーカーは、Deacomの倉庫管理システムに組み込まれている工程管理機能を使用して、在庫管理プロセスの一環として循環棚卸を実行できます。これらの機能は、化粧品メーカーのすべての業務分野にわたって、在庫管理効率を大幅に向上させることが実証されています。

一元的なデータソース

Deacomに組み込まれた製法管理ツールによって、研究開発プロセスを促進できます。製法とコンポーネントのスケーリング、規制資料の表示、品質管理要件の管理を包括的なERPプラットフォームから直接行えます。

規制準拠

Deacomは、GHSやcGMPをはじめとしたFDA要件への準拠を支援します。Deacomのテクノロジーに対する一元化されたアプローチにより、効果的な工程管理とデータレポートが実現し、規制準拠が簡素化されます。

「Deacomとの提携によって、予想以上の成果を得ることができました。Deacomは当社が何を必要としているかを入念に把握したうえで、それを当社に提供することにコミットし、当社のビジネスを全面的に改善するよう後押ししてくれました。構成とレポート作成の機能は、当社を一つ上のレベルに押し上げたと言えるでしょう。当社の成長にとって必要な機能を、非常に重要なタイミングで提供してくれました。今後もより多くの機能を活用していくことを楽しみにしています。」

– ジュディ・ルベン氏、Raining Rose, Inc.社CFO



Raining Rose
Jay Deakins - Deacom, Inc.

Deacomが存在する理由

このホワイトボードセッションでは、Deacomの創設者兼CEOであるJay Deakinsが、バッチおよびプロセスメーカーの固有の複雑なニーズに対処するためにDEACOM ERPソフトウェアで行われるアプローチについて説明します。

ビデオを見る

「DEACOMは、機能面で当社に最もよく適合した導入プロセスを提供するベストパートナーです。DEACOMのソフトウェアは、販売、倉庫管理、製造、品質管理、購買、製品管理、会計のすべての側面をカバーします。」

– スーザン・ラマー氏、Dermatologic Cosmetic Labs社CFO



DCL

DEACOM ERP でこれらすべてを達成し、それ以上を実現します

会計

複数の通貨でトランザクションを処理し、リアルタイムの財務情報にアクセスして、人件費、在庫費用、ジョブ費用を一元的なデータソースから追跡できます。

製法管理

さまざまな顧客の製法を管理し、品質管理チェックを定義して、完成品が顧客の基準を確実に満たすようにします。

資材所要量計画

MRP機能を使用して、時間、在庫レベル、および顧客の需要に基づく十分な情報を得たうえで、生産ニーズに関する決定を下します。

文書生成

適切なラベル、データシート、CoA、その他の必要な出荷文書を作成して印刷します。

倉庫管理

1つまたは複数の施設全体でリアルタイムの在庫レベルを追跡し、生産工程全体で完全なロットトレーサビリティを保証します。

顧客関係管理

連絡先情報の管理、販売グループの割り当て、販売手数料の追跡を可能にする組み込みのCRMを使用して顧客情報を管理します。

私たちがサービスを提供している他の産業のいくつかを探る

大麻

大麻

THCやCBDレベルなどの品目属性に基づいた患者への販売の制限、すべての規制報告への準拠、プラントのライフサイクルと栽培プロセスの追跡による原材料計画活動の改善を行います。

栄養補助食品

栄養補助食品

生産における品質管理チェックポイントの適用、厳格なロット管理の維持、および顧客固有のCOA文書の生成を行います。

製薬

製薬

生産歩留りと原価計算に関するレポート、21 CFR Part 11 FDA検証の準拠、MRPを使用した現在および時間バケットの需要と在庫の可用性の把握を行います。

自社ブランド製造

自社ブランド製造

リアルタイムでの意思決定のための一元化されたデータへのアクセス、生産能力要件の予測、顧客固有の品質基準を満たしていることの確認が可能です。