プライベートエクイティ出資の製造業者および流通業者向けERPソフトウェア

Deacomの集中型ERPプラットフォームを使用して、可視性を高め、収益を最大化します


拡張性
DEACOM ERPは単一のビジネスルールセットに基づいて実行されるため、すべてのデータが1つの場所に配置されます。これにより、積極的な成長のために拡張し、追加のビジネスエンティティにソフトウェアを展開するためのシンプルなパスも確保されます。


98%の導入成功率
Deacomは常に理由を追求するとともに、固定価格の導入を保証しています。その結果、コストの超過を回避しながら、業界平均を大幅に上回る成功率を達成しています。

詳細情報

標準化
複数の企業をDeacomのERPプラットフォームに統合することにより、PE企業はポートフォリオ全体でプロセスと手順を標準化できます。この戦略は、管理性と可視性を高めるとともに、収益増加の可能性ももたらします。

Deacomは、サードパーティ製ソフトウェアとカスタマイゼーションに対する企業の依存を大幅に制限することにより、Tier 1ベンダーとは異なる方法でERPに取り組んでいます。

完全に統合されたERPプラットフォームは、プライベートエクイティ企業がポートフォリオ企業を集中管理するとともに、収益を向上させるための強力な基盤となります。

可視性の最適化


財務
信頼性の高い情報源を一本化したDEACOM ERPでは、利害関係者がドリルダウン機能を使用して、1つまたは複数の組織にまたがるリアルタイムデータにアクセスできます。このレベルで財務情報を把握しておくことは、PE企業がポートフォリオを効果的に管理し、収益性を高める機会を見出すうえで不可欠です。


業績
ライブの企業パフォーマンスに関する詳細な洞察により、PE企業は、企業が最高のパフォーマンスを発揮し、基準を満たす高品質の製品を提供できるようになります。PE企業は、リアルタイムの業績情報を詳しく把握することにより、ベストのパフォーマンスを発揮し、品質基準を満たす製品を確実に提供できるようになります。

Synalloy Corporation社は、さまざまなタイプの企業を積極的に買収対象としており、その要件は非常に複雑になっています。7か月にわたる主要施設での導入が成功した後、同社は全ビジネスユニットをDEACOM ERPに移行し、新たな買収のたびに移行を続けています。

DEACOM内ですでに確立されている標準化された一連のプロセスにより、新たな買収をより迅速かつ効率的に実施できるようになり、収益の増加が加速します。

ケーススタディを読む (英語のみ)




Synalloy
Jay Deakins - Deacom, Inc.

Deacomが存在する理由

このホワイトボードセッションでは、Deacomの創設者兼CEOであるJay Deakinsが、バッチおよびプロセスメーカーの固有の複雑なニーズに対処するためにDEACOM ERPソフトウェアで行われるアプローチについて説明します。

ビデオを見る

DEACOM ERP でこれらすべてを達成し、それ以上を実現します

経験豊富なチーム

Deacomのチームは、業界の専門家として詳細な業界知識を提供し、お客様向けのベストプラクティスの策定を支援しています。

ビジネスインテリジェンス

ダッシュボードは、ポートフォリオ管理を向上させるためのリアルタイムのインサイトを提供します。

包括的なレポート

リアルタイムデータを使用して、利害関係者向けの包括的なレポートを迅速に生成できます。

モバイル性

AndroidおよびiOSアプリケーションを使用して、外出先でも意思決定の精度と速度を高めることができます。

統合型の財務情報

ポートフォリオ全体のデータを積み上げ集計したり、財務情報の内訳を会社ごとに示したりすることが可能です。

Webベースのプラットフォーム

.NETフレームワークは、任意のブラウザーまたはモバイルデバイスからアクセスできる、真に柔軟なERP環境をもたらします。

サポートチームの一本化

サードパーティ製品の機能を使用しないことにより、顧客が利用するサポートチームとリソースセットを1つにまとめることができます。

合理化されたインターフェイス

DEACOMのインターフェイスは、プラットフォーム全体で統一されており、ユーザーの採用率を高めるのに役立ちます。

セキュリティ

ユーザーグループとロールのセキュリティ制御を適用して、機密情報へのアクセスを制御できます。

私たちがサービスを提供している他の産業のいくつかを探る

化学

化学

生産における品質管理チェックポイントの適用、すべての経費、収益、損益、キャッシュフロー計算書の管理、徹底したロットトレーサビリティを実現します。

契約製造

契約製造

単一システム内で複数の顧客のニーズを管理し、顧客固有の文書を生成し、MRPスケジューリングツールを使用して生産需要を満たします。

自社ブランド製造

自社ブランド製造

リアルタイムでの意思決定のための一元化されたデータへのアクセス、生産能力要件の予測、顧客固有の品質基準を満たしていることの確認が可能です。

委託製造

委託製造

包括的なERPソリューションを使用して、生産効率を高め、顧客情報管理を改善します。