精肉業者および食肉加工業者向けのERPソフトウェア

DEACOMは、工程管理を可能にするために構築された包括的なエンタープライズリソースプランニングシステムです


規制報告および原価計算の目的で、生産工程の各フェーズで歩留りを追跡します。


在庫の完全な可視性を維持し、その在庫水準を厳密に制御して検証します。


組み込みの倉庫管理システムで使用するSKU、不定貫、およびロット番号を記載したラベルを自動的に生成します。


ロットの有効期限に基づいて、顧客の保存期間の要件を制御および管理します。

食肉製造業界および加工業界のお客様向けに特別に開発された特殊機能により、DeacomのERPソフトウェアは、単一のプラットフォームで最大の機能基盤を提供します。

不定貫製造を自動化

不定貫品目を製造している食肉加工業者は、Deacomの AutoFinisher で本当の意味での競争優位性を得ることができます。この自動化ツールを使用することで、製造ラインから外れる会社独自の重量に基づいて個々の製品に手作業でラベルを付ける必要がなくなります。製造ラインのスケールと統合されたソフトウェアは、コアERPシステム内で維持される重量仕様に不定貫品目が準拠していることを確認します。さらに、製品に対して、不定貫、シリアル番号、およびバーコードが記載された適切なラベルを作成し、後で倉庫管理システム内で使用できるようにします。

詳細情報

保存期間と賞味期限の管理

保存期間と賞味期限の概念は、評判の良い食肉製造業者にとって重要です。Deacomのネイティブの倉庫管理システムでは、製品に対するFEFO(First Expired、First Out:先入れ先出し)ルールの定義を含む在庫管理のオプションを提供します。設定すると、予約、発行、およびステージング時にロット管理品目のFEFOロットが提案されます。FEFOインベントリの選択は DEACOMのERPソフトウェアに組み込まれているため、システムは常に期限が切れる最初の製品を識別し、お客様の保存期間要件を満たします。

詳細情報
Jay Deakins - Deacom, Inc.

Deacomが存在する理由

このホワイトボードセッションでは、Deacomの創設者兼CEOであるJay Deakinsが、バッチおよびプロセスメーカーの固有の複雑なニーズに対処するためにDEACOM ERPソフトウェアで行われるアプローチについて説明します。

ビデオを見る

「私たちは以前は、さまざまな独立システムを管理しており、複数のレポート間で不一致もしばしば発生していました。当社にとっては、1ペニーという最小のマージンでも最終収益に大きな影響があるのですが、DEACOMのような信頼性の高いERPシステムを利用すると、より正確な価格プランを作成することができます。独自の単一システムソフトウェアモデルであるこのシステムがあれば、他のERPプロバイダのシステムよりもはるかに優位に立ち、プロセスメーカーはデータを深く掘り下げて正確な予測を行うことができます。」

– Brett Black、Devault Foods社長兼最高経営責任者



Devault Foods

私たちがサービスを提供している他の産業のいくつかを探る

キャンディ・スナック

キャンディ・スナック

WMSを使用して厳格なロット管理を作成し、マルチファシリティ環境での取引とレポート作成の能力を合理化し、ゾーンおよびウェーブのピッキングオプションを使用して受発注ピッキング効率を向上させます。

食品・飲料

食品・飲料

インバウンドおよびアウトバウンドのEDIトランザクションのサポート、栄養成分表パネルの立案および生成、リコールが発生した場合のロット追跡の爆発/爆発レポートの使用を行います。

乳製品

乳製品

季節的な製品需要に基づいて生産と購買を予測し、FEFO在庫ルールを適用して廃棄物を削減し、一元化された場所からすべてのDSD販売を追跡します。

自社ブランド製造

自社ブランド製造

リアルタイムでの意思決定のための一元化されたデータへのアクセス、生産能力要件の予測、顧客固有の品質基準を満たしていることの確認が可能です。