GS1-128バーコードのご紹介

最新の倉庫管理システムの重要な構成要素です

GS1-128バーコードとは?

GS1-128バーコードは、コード128バーコード形式のユニバーサルバーコードアプリケーション標準です。以前はUCC/EAN-128バーコードと呼ばれていましたが、企業間で共通のデータを交換するためのグローバル標準を実現するために、GS1 US規格組織によって開発されました。

GS1-128バーコードには、ロジスティクス単位の識別、または会社コード、品目番号、ロット番号、シリアル番号、数量、重量などの品目情報の識別に使用されるシリアル出荷コンテナコード(SSCC)を含めることができます。これらのデータポイントの任意の組み合わせを、1つのバーコードで1つの会社が使用できます。

GS1-128バーコードを使用して在庫を管理するのはなぜですか?

バーコードシステムを使用すると、販売と在庫の管理の改善をサポートするために、より迅速かつ効率的に情報をスキャンすることができます。次のような例があります。

  • 売れ行きの早い品目を迅速に特定し、効率的な再発注を可能にします
  • 売れ行きの遅い品目を特定し、在庫の蓄積を防ぎます
  • マーチャンダイジングの変更の影響を監視し、売れ行きの早い収益性の高い品目が最高のスペースを占有できるようにします
  • 履歴データは、季節変動をより正確に予測するために使用されます
  • 商品は、販売価格と値上げの両方を反映するために、棚に載せたまま再価格設定を行うことができます

GS1-128バーコードの構成

GS1-128バーコードは、必ず、ファンクションコード1 FNC1と呼ばれる単一の文字制御コードで始まります。アプリケーション識別子(AI)、データ要素を表す小さな埋め込み数値コード、およびデータが、最初のFNC1の後に続きます。一部のアプリケーション識別子には、固定文字の長さのものもあります。可変数の文字数のものは、バーコードの最後にない限り、データの終わりを識別するための追加のFNC1を必要とします。アプリケーション識別子に応じて、バーコードの長さは合計48文字にすることができます。バーコード全体としては、印刷されたバーコードの前後に空白が必要です。


シリアル出荷コンテナコード、一意の会社コード、および会社固有のコンテナコードを含むGS1-128バーコードの例

シリアル出荷コンテナコード、一意の会社コード、および会社固有のコンテナコードを含むGS1-128バーコードの例



シリアル番号、製造日付、有効期限など、複数のデータでエンコードされたGS1-128バーコードの例

シリアル番号、製造日付、有効期限など、複数のデータでエンコードされたGS1-128バーコードの例



GS1-128バーコードの読み取りと印刷

DEACOM 倉庫管理システムは、GS1-128バーコードを読み取り、それらに含まれるデータを処理することが必要とされます。これらの特定のコードは、DEACOM がスキャンで収集するすべての情報がソフトウェア内の適切なフィールドに自動的に配置されるように、受信、ジョブ発行、ジョブ終了、および販売予約に使用されます。エンタープライズリソースプランニングシステムと倉庫管理システムはどちらも、この情報を使用して倉庫全体の品目を識別して処理します。

ERPソフトウェア内で印刷可能なドキュメントは、GS1-128バーコードを含むすべてのバーコードを印刷するために特定の機能を使用します。バーコードは、特定のトランザクションでWMSスキャナのユーザーアクセスを迅速にするために、さまざまなフォームやレポートに埋め込むことができます。GS1-128バーコードが複数のデータ要素フィールドを含み、更新する機能は、確実に正しいデータを入力し、該当するすべてのフィールドを同時に入力するオペレータの時間を節約するのに役立ちます。

1回のバーコードスキャンによる生産の記録

WMSシステムは、GS1-128バーコードを使用すると、1回のバーコードスキャンで入力生産フォームを介してジョブ終了トランザクションを記録することができます。これは、ジョブ終了のユーザーロットがシステムを通じて自動的に計算される場合に使用することができます。スキャンされたバーコードには、GTIN/部品番号、ジョブ番号、およびシリアル化された部品を使用する製造元のオプションのシリアル番号が必要です。

これらのラベルは生産ラインから外れてくるときにエンドユーザーがスキャンできます。通常、このプロセスは、複数の品目がラインから外れ、適切なパレットに向けられるため、パレット化時に使用されます。この場合、システムを使用して、パレット化されていないすべてのユーザロットを構築中のマスタロットに割り当てることができます。

DeacomのERPソフトウェアの詳細を見る

COA文書

COA文書

出荷時に、顧客固有のQC仕様を含むCoA文書が自動的に生成されます。

製法

製法

すべての変更が在庫、生産、および計画ツールに自動的に反映されることを把握し、必要に応じて製法を調整してスケーリングします。

生産

生産

単一のERPシステム内で、生産ジョブの作成、スケジューリング、ステージング、および分析のプロセスを簡素化します。

倉庫管理

倉庫管理

DeacomのWMS システムを使用して、製造および流通業務について、卓越した水準の機能精度に到達します。