資材所要量計画(MRP)

ERPシステムからすべての生産計画、スケジューリング、および在庫制御を管理します


原材料を生産に利用できることを確認します。


完成品が顧客に配送できることを確認します。


利用可能な最小の資材と生産水準を管理します。

DeacomのMRPソフトウェア機能は、資材が生産に利用でき、製品が配送できることを確認するために設計されています。


すべての製造活動および生産活動を計画します。


配送スケジュールを管理します。


需要に基づき、中間体や原材料の使用量を予測します。

Vitality Works

お客様の1人から話を聞く

この短いビデオでは、Vitality Works, Inc.のCAOであるJuno Raby氏が、Deacom のMRP機能を使用することで生産計画を改善し、手持ち在庫量を削減した方法について説明します。

Juno Raby - Vitality Works, Inc.

DeacomのMRPシステムは、DEACOM ERPの生産および在庫管理機能にとって不可欠です。

MRPの主要な機能により、次のことが可能になります。

  • 利用可能な最小の資材と生産水準を管理し、廃棄物を削減する
  • 生産活動を計画する
  • 配送スケジュールを管理する

スケジュールされた受発注、スケジュールされた生産ジョブ、および間接所要量に基づいて需要を計算します

DEACOMの間接所要量は、部品表に表示される品目の提案を満たすために必要な品目の数量として定義されます。たとえば、完成品の受発注が入力された場合、完成品を製造するために使用される原材料の間接数量がMRPシステムに表示されます。DEACOMはMRPの計算時に、スケジュールされた受発注を考慮するため、特定の原材料の品目要件を確認するための生産ジョブは必要ありません。

DEACOM ERP でこれらすべてを達成し、それ以上を実現します

品目マスタの設定オプションを活用して、必要な在庫水準を反映します。

複数の仕入先と部品を同時に選択し、利用可能な最良の価格設定に基づいて必要なすべての発注書を作成できます。

複数の場所で在庫を管理し、MRPレポートがファシリティによってフィルタ処理される場合に特定のファシリティに適用されるオプションを構成します。

発注書を発注数量で分割します。

ジョブをジョブ数量で分割します。

生産能力に合わせて生産ジョブを作成してスケジュールします。

MRPの事前フィルタとレポートの選択に基づいて、複数のジョブを同時に作成します。

会社間在庫転送を容易にします。

特定のジョブまたは受発注のレポートを実行します。

予測ツールを使用して実際の販売と比較します。

固有のリードタイム、最小発注数量、一意の仕入先部品番号と説明、および価格情報を含む、具体的な仕入先部品を定義します。

リードタイムのトランザクション日付、出荷予定、ドック予定(会社間転送および発注)、およびジョブ計画開始日および計画終了日を含む、MRPレポートで提供されるデータを活用します。

DeacomのERPソフトウェアの詳細を見る

製法

製法

すべての変更が在庫、生産、および計画ツールに自動的に反映されることを把握し、必要に応じて製法を調整してスケーリングします。

生産

生産

単一のERPシステム内で、生産ジョブの作成、スケジューリング、ステージング、および分析のプロセスを簡素化します。

品質管理試験

品質管理試験

コアERPシステムから品質管理対策を実施することで、製造工程に本当の意味での工程管理の方法を提供します。

倉庫管理

倉庫管理

DeacomのWMS システムを使用して、製造および流通業務について、卓越した水準の機能精度に到達します。