生産能力計画

販売または生産の予測に基づいて将来の装置の使用率を特定する


計画
販売および生産予測をシステムに読み込みます。


再割り当て
製品が別のマシンで稼働できる場合は、計画された生産操作を変更します。


レポート
生産機の使用状況を確認し、生産能力制約を特定します。

生産計画をサポートするのに必要な労働要件に関して洞察を得て、会社が最も忙しい生産ラインを拡張するのに必要な資本をどこに投資する必要があるか理解します。


What-Ifシナリオ
複数の予測シナリオを実行し、生産能力に対する状況の影響を理解します。


複数のタイムバケット
業務構造に基づいて日別、週別、または月別に計画します。


パッケージングおよびバルク計画
完成品レベルで予測し、大量生産にも対応できる体制が整っていることを確認します。

Deacomの生産能力計画機能を使用すると、これらの質問に答えることができます。


既存事業に対応
現行の生産構造で既存事業に対応するだけの能力がありますか?


新規オーダーに合わせる
新規顧客または特定の大量顧客オーダーに合わせるだけの能力がありますか?


将来の投資
将来の生産ラインの拡張プロジェクトに投資するための資本はどこで必要ですか?

DeacomのERPソフトウェアの詳細を見る

ドックスケジューリング

ドックスケジューリング

利用可能なドックで、アウトバウンドセールス、会社間転送、およびインバウンド発注書の受領をスケジュールします。

資材所要量計画(MRP)

資材所要量計画(MRP)

DeacomのMRPシステムで、製造用の材料が利用可能であることや、製品を顧客にお届けできることを確認します。

生産ラインのスケジューリング

生産ラインのスケジューリング

ジョブルーティングシーケンスに基づいて、製造スケジュールを管理して最適化します。

販売予測

販売予測

販売予測を使用して購入および生産活動を促進することで、インテリジェントなデータ駆動型の需要計画を決定します。