生産計量

DEACOM ERPを使って生産前に材料をステージングし重量を測定


在庫ステージング
DEACOM WMSを活用することで、倉庫作業員は使用できる材料の期限順先出し(FEFO)または先入れ先出し(FIFO)を選択し、通常「測定ルーム」と呼ばれるステージングエリアに移動しなければなりません。


生産計量
選択した製品のバッチ番号、パーツ番号、およびロット番号をスキャンすることで、DEACOMは材料に必要な重量をユーザーに自動入力するよう求めます。


マスタロットの作成
バッチに収められるすべての製品を含んだパレットマスタロットを作成し、1回のスキャンで生産エリアに移動できます。


生産前の確認スキャン
バッチの精度を確認するために、各材料がすくい上げられる、送り込まれる、または生産装置に流し込まれるときに、生産労働者は、それらすべての材料をスキャンしなければならない場合があります。

生産計量は、生産工程で使用される材料のステージングと生産計量のプロセスです。DEACOMは、バッチおよびプロセスメーカーがこのプロセスの効率と精度を上げることができる機能を提供します。これは、FDAの規制を厳しく受けている会社にとっては特に重要です。

材料を生産計量している生産作業員

DEACOM ERP でこれらすべてを達成し、それ以上を実現します

生産工程全体で材料に沿ったラベルを生成します。

内蔵された工程管理で日によって変動する在庫処理の優先順位を決定します。

バッチレコードデータをリアルタイムで作成し、生産、出荷、在庫レポートのすべてが常に正確で、最新情報が含まれているtこおを確認します。

生産材料の重量を測定したオペレータが誰かについてのシステムレポートにすぐにアクセスできます。

オペレータが重量を測定する材料が多すぎたり、少なすぎたりしないように、システム内で精度しきい値を定義することで、バッチの一貫性を確保します。

バッチで使用される各コンポーネントの内容と重量を自動的に記録し、ロットトレーサビリティ要件に使用できるようにします。

DeacomのERPソフトウェアの詳細を見る

労務追跡

労務追跡

実際の生産コストを追跡して、製品原価を検証し、ビジネスの効率を高めます。

ロット追跡とトレーサビリティ

ロット追跡とトレーサビリティ

すべてのシステムを一緒に使用することで、WMS、品質管理、および文書生成の機能を使用して厳格なロット管理が可能になります。

資材所要量計画(MRP)

資材所要量計画(MRP)

DeacomのMRPシステムで、製造用の材料が利用可能であることや、製品を顧客にお届けできることを確認します。

倉庫管理

倉庫管理

DeacomのWMS システムを使用して、製造および流通業務について、卓越した水準の機能精度に到達します。