品質管理試験

DEACOM ERPソフトウェアを使ってQC試験要件を定義、作成、管理する

DeacomのERPソフトウェアを使用することで、品質管理のチェックポイントは製法から配送にいたるまでの製品ライフサイクル全体にわたります。QC試験は、さまざまなビジネスプロセスに統合されるのが一般的です。




原材料は発注書で受け取る


完成品は生産ジョブで製造される


これまでに販売した製品は返却される

製造業における工程管理では、倉庫管理システム、品質管理試験、および文書生成が同じプラットフォーム内ですべて稼働していなければなりません。

コアERPシステムに固有のこうしたタイプの機能を使用することで、製造業者は工程内のステップをバイパスするリスクを排除することができます。

詳細情報


ユーザーが工程内のステップをバイパスする可能性を回避します。


QCホールドポイントを設定することで、製品がピッキング、使用、または出荷されないようにします。


製品がお客様の仕様を満たすことを確認します。


責任および製品のリコールのリスクを軽減します。


正確でリアルタイムのQC試験結果を関係者が閲覧できるようにします。

「DEACOMが他にも似たような食料製造事業に提供した価値についてよく知っていたので、DEACOMが当社にとって最適なソリューションであることに間違いはないと確信しています。当社のチームは、DEACOMが生産工程と品質管理にどのような影響を与えるか、本当に楽しみにしています。」

– Greg Johnson、社長、Maple Island Inc.

Maple Island

DEACOM ERP でこれらすべてを達成し、それ以上を実現します

QC管理

品質管理試験、グループ、およびセキュリティを作成し管理します。

QCセキュリティの管理

QCグループを品目マスタに割り当て、ユーザーグループをQCセキュリティグループに関連付けます。

受領品目に対するQC試験

原材料を発注書で受け取ったときに実施される試験を管理します。

生産試験の設定

材料が生産され、生産ジョブで完成したときに試験が実施される方法を制御します。

複数の試験を許可

複数のQCパスを実施し、これらの結果を記録します。

レポートの生成

内蔵されたレポート機能を使ってQC試験のステータスを監視します。

QC結果の未承認

材料がまだ出来上がっておらず、生産ジョブがまだ稼働している生産状況において、QC結果を未承認にします。

例外の許可

在庫レポートの結果を変更し、リスクがある品目にマークを付けることができます。

規制要件

承認と結果にE署名を必要とするよう特定のQC試験を構成します。

DeacomのERPソフトウェアの詳細を見る

COA文書

COA文書

出荷時に、顧客固有のQC仕様を含むCoA文書が自動的に生成されます。

製法

製法

すべての変更が在庫、生産、および計画ツールに自動的に反映されることを把握し、必要に応じて製法を調整してスケーリングします。

生産

生産

単一のERPシステム内で、生産ジョブの作成、スケジューリング、ステージング、および分析のプロセスを簡素化します。

計量

計量

ERPシステムの機能を使用して、計量プロセスの効率と精度を向上させます。