SDSおよびGHSラベリング

Deacomの包括的なERPソフトウェアを使って、世界調和システムラベルおよび安全データシートの管理を簡素化する


作成および管理サポート
Deacomの豊富な機能群と経験豊かなチームメンバーは、これらの重要な要件の作成および管理プロセスを簡素化することができます。


一元化されたデータ管理
一元化されたデータソース上で動いている、正確なGHSラベルおよびSDSの完成に必要なすべての情報は、すぐにアクセスして正確なデータを生成するために中央に配置されています。これには、SDSごとの必要な16のセクションがすべて含まれています。


便利な印刷
GHSラベルおよびSDSフォームは、ジョブの終了前またはジョブの終了中も含め、DEACOM内の複数の場所で印刷できます。

システムに固有の大規模な機能セットを備えることで、Deacomはソフトウェアの継続的な向上に全力で取り組み、工程管理が失敗するリスクを軽減します。

ERPのレポート機能と文書管理ツールによって、Warsaw Chemical Co.などの化学品製造業者はSDSおよびGHSラベルを自動的に作成し、手動によるエラーの可能性を排除します。

DeacomのSDS導入に対するアプローチ

SDS導入
ステップ1

最初のステップは、Deacomの汎用SDSを顧客の現行のSDSと比較することです。これは、OSHAの要件およびガイドラインと関係なく、すべての顧客が同じように各自の情報に表示されるわけではないためです。ここでは、規制品目、原材料、または完成品に関するデータ入力で特別な要件があるかどうかを特定します。

SDS導入
ステップ2

DEACOMでは、ユーザーフィールド、システム定数、およびユーザー計算は完全に構成可能です。この情報を使って、ERPソフトウェアに保存されて印刷される必要なGHSおよびSDS情報が自動的に生成されます。

SDS導入
ステップ3

Deacomの経験豊富なデータ変換チームが協力しながら、製造業者とディストリビュータがデータをレガシー環境からDEACOMデータベースにマッピングするお手伝いをします。データベースにマッピングするデータが存在しない場合、インポートドキュメントが表示されます。このドキュメントでは、既存のプロセスを使ってすべてのデータを定義し、インポートすることができます。

DEACOMでは、品目マスタユーザーフィールド、システム定数、およびユーザー計算を使用して、すべてのGHSおよびSDS情報がソフトウェアに保存され印刷されます。

  • ユーザーフィールド - 規制品目、原材料、または完成品に関するデータを保管します。

  • システム定数 - 静的データに使用され、OSHAによって指定されたすべての使用上の注意が含まれています。

  • ユーザー計算 - SDSの第2項に主に使用され、分類区分された危険物の重量の割合を計算します。次に、この計算値を使って、どの分類区分がOSHAガイドラインに基づいて報告されたかを計算します。

DeacomのERPソフトウェアの詳細を見る

バッチチケット

バッチチケット

FDA準拠のバッチシートとチケットを作成、印刷、アーカイブします。

COA文書

COA文書

出荷時に、顧客固有のQC仕様を含むCoA文書が自動的に生成されます。

文書生成

文書生成

1つの環境で、ビジネスに欠かせない文書の作成、管理、および生成を行います。

出荷文書

出荷文書

顧客に注文商品を出荷するときに必要な文書が自動的に生成されます。